お問い合わせ

〒319-0323 
茨城県水戸市鯉淵町2570
TEL 029-259-5813 
FAX   029-259-7179
koho@uchihara-sn.ibk.ed.jp
 




 
COUNTER70330

学部経営方針

 経営方針(中期的目標)

 ① 合理的配慮の観点に基づいた指導の充実を図り,「わかる」授業作りの工夫と改善に努める。

 ② RPDCAサイクルに基づいた授業研究をとおした授業の改善及び授業力の向上を目指す。

 ③ 児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた,系統性のあるキャリア教育を推進する。
 ④ 家庭,地域,関係機関との連携の下,信頼される安全・安心な学校づくりを推進する。
 ➄ 特別支援教育のセンター的機能の充実に努め,特別支援学校の専門性を生かした地域貢献に努
   めるとともに,交流及び共同学習をとおして,共生社会実現への理解・啓発を図る。

 

2 本年度の努力事項

 組織目標:目標の共有  笑顔      

① 一人一人の教育的ニーズに応じた指導・支援の充実に努める。

      <「わかる」授業作りに向けた工夫と改善>

ア 「何をできるようにするのか」「何が身に付いたか」の明確化を図る。

イ 子ども同士の協働や集団活動を重視した対話のある授業を展開する。

ウ 子どもの「できた」,「わかった」の気持ちを大切にする授業を実践する。

② 「わかる」授業作りに向けた研修の充実

ア RPDCAサイクルに基づいた授業研究等をとおして,授業改善と授業力向上に努める。
                      
(自立活動の指導力向上及びICT活用指導力向上)

イ 外部人材の活用等による校内研修をとおして,専門性向上に努める。

                            (外部専門家との効果的な連携)

③ キャリア教育の推進,進路指導の充実に努める。

ア 義務教育段階のキャリア教育の系統性をふまえた指導内容・方法の工夫に努める。

イ 地域資源を活用した職業体験,職場見学,職場体験の充実に努める。

         (うちとくワークステーション:地域の学校の生徒の参加による職業体験学習)

④ 安全・安心な学校づくりの推進に努める。

ア 安全安心な教育環境を構築し,子どもが安心して生活できる学校づくりに努める。

             (目配り,気配り,心配りの意識化)

イ 医療的ケアの必要な児童生徒への適切な対応,一人一人の特性に応じた摂食の指導及び食物アレルギーの適切な対応に努める。   

ウ 防災設備等を活用した防災訓練を実施し,防災対策力強化に努める。

                   (学校地域防災連絡会,防災設備等に係る実地研修)

⑤ 外部支援・理解啓発活動の推進に努める。

  ア センター的機能を発揮した教育相談と地域支援の充実に努める。

                                      (あすなろの郷支援部との連携等)

イ 地域の小中学校等との交流及び共同学習の推進に努める。

ウ 特別な教育的支援が必要な幼児等への早期からの支援の充実に努める。

(けやきっ子教室)

エ 共生社会形成実現に向けた,理解啓発活動の推進に努める。

・スピード感のある情報発信,積極的な情報発信。

3 小学部経営

  ① 経営方針 

○主体的な学びができるよう,子どもの「わかる」「できた」の声を大切にした学習支援にあたる。

○自分の気持ちを身近な人へ伝えたり,友達の話を聞いたり,表現する力の育成に努める。

○保護者及び関係諸機関と連携を図り,共通理解のもと,個別の教育支援計画等を作成し支援にあたる。

② 努力事項          

○一人一人の特性に応じた指導内容・方法の充実を図る。

・自立活動等の場面において,RPDCAサイクルに基づく授業改善,授業力の向上に努める。(ICT活用教材の取組み等)

○キャリア教育の充実に向けて,小学部段階における進路指導・支援について共通理解を図り,必要な力の育成に努める。

・生活習慣における身体づくり,自己表現におけるコミュニケーションに必要な基礎的な力の育成に努める。

・縦割り編成による集団での学部集会(にじいろタイム)や,実態を踏まえた委員会活動等の実施をとおして,特別活動等における役割を明確にし,一人一人の発達を踏まえた指導を行う。

○安全で安心な教育の充実に努める。

・教室環境の整備や,安全な給食指導,交通安全指導を行うなど,安心して学校生活が送れるように努める。

○交流及び共同学習の推進に努める。

・地域の小学校と集会や授業交流を行い,児童相互が関わりをもち理解を深める活動を計画・実践する。

 

4 中学部経営

① 経営方針

○合理的配慮の観点に基づいた指導を行い,「わかる・できる」授業に努める。

○教育的ニーズをふまえた「個別の教育支援計画」をもとに,自立と社会参加に向けた基盤づくりに取り組む。

○生徒一人一人に寄り添い,好ましい人間関係の育成と安心安全な学校生活が送れるように努める。

○校内外の研修をとおして職員の専門性を高め,教師相互の共通理解のもとに支援の充実を図る。

② 努力事項

○一人一人の教育的ニーズに応じた指導・支援の充実に努める。

・「わかる」授業づくりを工夫・改善することで,できること,身に付いたことを明確にする。

・協働や集団活動を通して,コミュニケーションを重視した授業を展開する。

○「わかる」授業作りに向けた研修の充実に努める。

・自立活動やICT活用の研修や授業研究を行うことで,職員の専門性を高め授業力の向上に努める。

○キャリア教育の推進,進路指導の充実に努める。

・生徒が自分でできることや成功体験を増やしたり,生徒の気持ちや考えを大切にしたりすることで,自己肯定感を高め,人とかかわる力や集団生活に参加する能力や態度を養う。

・職場見学,校内作業体験学習,職場体験学習等,段階を踏まえた様々な職業体験をとおして,勤労観や中学部段階における職業観を育むことができるようにする。

○安全で安心な学校づくりの推進に努める。

・スクールバス,自主通学等,生徒の通学形態に対応して,より安全に配慮した指導を行う。

・生徒の実態に応じた摂食・嚥下指導の充実と食物アレルギーの対応等,安全な給食指導の体制を保持する。

・避難訓練等の防災訓練を実施し,災害時の対応力を強化する。

○外部支援・理解啓発活動の推進に努める。

・共生社会に向け,交流及び共同学習の推進を図る。

・牛乳パック等の回収や地域の事業所での職場体験等を行うことで,地域の方々との交流を図る。

・通学区域の中学校生徒と共に学ぶ機会(うちとくワークステーション)を設けることで共生社会の形成に向けた相互の関わりを育てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項

(c) 2015 茨城県立内原特別支援学校 All Rights Reserved.